• おなかから、人の健康を考える
タカナシ乳業
ホーム サイトマップ お問い合わせ
乳酸菌について LGG乳酸菌って LGG乳酸菌の可能性 コラム Q&A
乳酸菌について
乳酸菌とは
乳酸菌とヨーグルト
腸の中での乳酸菌
善玉菌と悪玉菌

腸内環境について
乳酸菌とは
乳酸菌を知ることが、LGG乳酸菌を知ることの第一歩。まずは基本的な特長から、見てみましょう。
整腸作用についてはよく知られている乳酸菌ですが、
そのほかにも知っておきたい基本的なことがたくさんあります。
乳酸のチカラで、有害な腸内細菌を撃退!
乳酸菌は、ぶどう糖を分解して乳酸を多量に作り出す細菌の総称です(消費したぶどう糖に対し、50%以上の乳酸を産生します)。非常に多くの種類があり、形が丸い球菌と細長い桿菌の2種類に分類されます。LGG乳酸菌は細長い形をした桿菌に属する乳酸菌です。乳酸菌はその健康への有益性から「善玉菌」や「有用菌」に位置づけられています。これは、乳酸菌が作った乳酸の働きによって腸の中の有害な菌の繁殖が抑えられ、お腹の調子を整えてくれるためです。

乳酸菌は、それぞれに名前がつけられて分類されています。その名前は「菌属-菌種-菌株」と階層によって決められています。菌株とは人間におきかえると各個人の名前にあたります。ちなみに、LGG乳酸菌の正式名称は「ラクトバチルス(属)・ラムノーサス(種)・GG株」です。
さまざまな乳酸菌
乳酸菌とヨーグルト
乳酸菌はこんなものに含まれています。
乳酸菌がヨーグルトに入っていることはご存知ですよね。
では、そのほかにはというと、たとえばチーズや醤油、漬物など、
日常食べるさまざまな食品にも含まれています。
さらにはウシが食べるサイレージ(牧草を発酵させたもの)にも
含まれているんです。また食物以外だと、土壌や
動物の腸内にも存在しています。
ヨーグルトは乳酸菌を利用した代表的な発酵食品で、世界中に広く存在しています。その起源は、紀元前5000年ころと言われています。その長い歴史のなかで、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が注目されるきっかけとなったのが、ノーベル賞を受賞したロシア人科学者メチニコフ博士が1900年ごろに唱えたヨーグルト不老長寿説、つまり乳酸菌を多量に含むヨーグルトを食しているコーカサス地方の住民に長寿者が多いという 説です。

この説が提唱されてから、乳酸菌の有用性に対する研究が盛んになったとともに、ヨーグルト製造の工業化も進み、世界中でヨーグルトの消費が拡大していきました。近年では、生きたまま腸内に届き、ヒトの体に有益な機能をもつ乳酸菌をプロバイオティクス乳酸菌と呼び、様々なヨーグルトに使用されています。
腸の中での乳酸菌
腸は最大の免疫器官
腸管には体全体の免疫細胞の60% 以上が存在しており、
様々な病気に関連しているといわれています。
この腸内環境を左右するのは腸内に生息する腸内細菌です。
腸内細菌は数百種類、1000兆個も生息すると言われており、
全ての腸内細菌をあわせると約1kgにもなります。
腸内細菌には乳酸菌、ビフィズス菌といった「善玉菌」や「悪玉菌」
などが生息しています。
この「善玉菌」やその代謝物は腸の働きを整えるだけでなく、
免疫細胞と相互に作用し体を守っています。
腸の中にはさまざまな種類の腸内細菌が1000兆個ほど住んでおり、糞便1gあたりに約1000億個もの腸内細菌がいることになります(腸内細菌叢)。この腸内細菌叢の中で乳酸菌が占める割合は、実はたったの0.01~0.1%程度と言われています。これらの乳酸菌は、善玉菌としてはたらいており、糖を分解して乳酸などの酸を作り出し、腸内を酸性に保つのを助けています。また、自らが定着することによって病原菌などが定着するのを防いでいます。
善玉菌と悪玉菌
お腹の調子を整え、病気に負けない体を作る
乳酸菌の働きの一つとして、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを調整する作用があることが知られています。善玉菌は腸を健康に保ってくれる働きがありますが、悪玉菌は有害物質を発生させる などして体に害を及ぼす場合があります。乳酸菌の摂取はこの善玉菌と悪玉菌のバランスを調整し、腸内環境を整える働きがあります。
さらに乳酸菌が注目されている理由のもう一つが、免疫力を高め、病気への抵抗力をアップさせる可能性があることです。体の免疫細胞の60%以上は腸に集中しているため、乳酸菌を摂取することは整腸作用だけでなく、この免疫細胞に働きかけることにより、免疫力を高めることにもつながると考えられています。
また最近の研究では、乳酸菌のこの免疫調整力が、アトピー性皮膚炎の予防や花粉症軽減、インフルエンザ予防などにも有用性を示すデータが報告されています。
豆知識 プロバイオティクスとは?
最近、ヨーグルトなどのパッケージでよく目にする「プロバイオティクス」という言葉があります。これは私たちヒトの体に有益な働きをする生きた微生物、もしくはそれを含む食品のことを指しています。
代表的なものとして乳酸菌やビフィズス菌があります。 微生物が持つ機能によって健康維持や病気の予防などが期待できるため、さまざまな分野から注目を集めています。
腸内細菌には大きく分けて、有用な働きをする“善玉菌”と悪影響を及ぼす“悪玉菌”がいます。善玉菌の代表格には乳酸菌やビフィズス菌が挙げられます。これらの善玉菌は、糖を分解し腸内を酸性にして、悪玉菌や外から侵入してきた病原菌の増殖を抑制して、病気を防ぐ働きをしています。

また、腸の動きを良くして便秘や下痢を防いだり(整腸作用)、発ガン物質などの有害物質を分解したり、ビタミンなどを作ったりと、健康な体づくりに大切なはたらきをしています。
一方、悪玉菌は、タンパク質を主に分解し、発がん性物質など体に悪影響をおよぼす有害物質を生産します。ウェルシュ菌やブドウ球菌、大腸菌などが挙げられます。悪玉菌が増えると、腸の動きが悪くなり下痢や便秘になります。また、悪玉菌によって作られた有害物質によって、ガンなど様々な病気のリスクが高まることになります。
腸内環境について
ヒトの腸は、腸内細菌が住みつづけるためには非常に過酷な環境です。善玉菌、悪玉菌を問わず、それぞれの腸内細菌が常に生存競争を繰り広げています。また、ヒトが作り出す抗菌性の物質や抗体などの他生物を排除する機能や排泄機能にも対抗しながら生息しているのです。そのため、ちょっとしたきっかけで腸内細菌のバランスが乱れることがあります。善玉菌の割合が多ければ腸内環境は良いと考えられますが、何らかの理由で悪玉菌の割合が増えると、健康に悪影響を及ぼす可能性が高まります。 乳酸菌を摂取するということは、少しでも善玉菌の割合を増やし、腸内環境を整えるという目的があります。
©Takanashi Milk products co.ltd., 2013 All Rights Reserved.