LGG®乳酸菌とは?

LGG®乳酸菌とは?

LGG®乳酸菌は、持続性乳酸菌。
腸に長くとどまり、腸内環境を整えます。

LGG<sup>®</sup>乳酸菌は生きたまま腸に届く乳酸菌のひとつであるLGG®乳酸菌は、胃酸や胆汁酸に負けずに、生きたまま腸に届きます。その耐性は、ほかの乳酸菌と比較しても高いことが、大きな特長です。

LGG<sup>®</sup>乳酸菌の良い菌を増やし、悪い菌を減らす働き生きたまま腸に届いたLGG®乳酸菌は、良い菌を増やし、悪い菌を減らす働きがあります。これによって、腸内環境は整えられるのです。

腸内でのLGG<sup>®</sup>乳酸菌個人差があるものの、LGG®乳酸菌は腸に長くとどまるという結果が出ています。これが、LGG®乳酸菌「持続性乳酸菌」といわれる理由です。

持続のヒミツは、ピリのチカラ!

LGG®乳酸菌が腸に長くとどまれる持続性のヒミツは、LGG®乳酸菌だけに見られる、ある特長にヒントがあります。
LGG®乳酸菌には「ピリ」と呼ばれる線毛があるのです。現在のところ他の乳酸菌に、「ピリ」の存在は確認されていません。

LGG®乳酸菌からこの「ピリ」を取り除いてしまうと、くっつく力が弱くなってしまいます。持続性と「ピリ」には深い関わりがありそうなのです。

LGG<sup>®</sup>乳酸菌の線毛(ピリ)

サイドナビ