LGG®乳酸菌と赤ちゃんの健康

妊娠中のプレママや授乳ママ、赤ちゃんのLGG®乳酸菌の摂取は、
赤ちゃんの健康をサポートします。

母乳とアトピー性皮膚炎予防

母乳には、TGF-β*(ティージーエフベータ)という免疫を調節する成分の1つが含まれています。TGF-βには強力な抗炎症作用があり、TGF-βを多く含む母乳で育った赤ちゃんは、アトピーなどのアレルギー発症のリスクが低いという報告があります。
ママが妊娠中から授乳中までLGG®乳酸菌を摂取すると、母乳に含まれるTGF-βが増加したとの報告があります。

*TGF-β(トランスフォーミング増殖因子β):強力な抗炎症作用と多彩な機能を持つサイトカイン。病原菌やウイルスを排除する抗体を誘導したり、腸のバリア機能を増強したりします。私たちの体の中で、細胞の分化増殖の調節など多彩な機能を持っています。

母乳中のTGF-β濃度の差

こんな条件で調べました

アトピー症状がでたことのある62人のプレママを2つのグループに分け、赤ちゃんが生後3カ月の時期に母乳中のTGF-β濃度を調べました。

LGG®乳酸菌摂取なし:
32人が出産予定日4週間前から生後3か月までプラセボ入りカプセルを摂取。
LGG®乳酸菌摂取あり:
30人が出産予定日4週間前から生後3か月までLGG®乳酸菌入りカプセルを摂取。
こんな結果が出ました

母乳中のTGF-β濃度

LGG®乳酸菌なし:
母乳中のTGF-β濃度 1340pg/ml
LGG®乳酸菌あり:
母乳中のTGF-β濃度 2885pg/ml
母乳中のTGF-β濃度(※1)

妊娠中からLGG®乳酸菌を摂取することで、母乳中のTGF-β濃度が高くなります。TGF-βを多く含む母乳で育つ赤ちゃんはアトピー症状の発症リスクが低いという報告(※2)があることから、母乳ママのLGG®乳酸菌の摂取により、赤ちゃんのアトピー発症リスクを減らす可能性が示唆されました。

【出典】(※1)Rautava et al. J Allergy Clin Immunol. 109:119-121 (2002)
(※2)Oddy et al. Pediatr Allergy Immunol. 21:47-59 (2010)
PAGETOPへ戻る