LGG®乳酸菌と子どもの健康

LGG®乳酸菌の摂取は、子どもたちの健康をサポートします。

かぜなどの呼吸器感染症*の発症予防

*呼吸器感染症(かぜ、鼻炎、咽頭炎、副鼻腔炎、中耳炎)

保育園に通う子どもがLGG®乳酸菌を摂取したところ、呼吸器感染症にかかりにくくなり、3日以上続く呼吸器感染症が減り、呼吸器症状が出ている日数が短縮したという報告があります。

また別の研究では、LGG®乳酸菌を摂取したと保育園児では、病気による保育園の欠席日数が減りました。さらに、合併症や気管支炎などを罹患した子どもや抗生物質による治療を必要とした子どもが減少したとのいう報告があります。

呼吸器感染症(かぜ、鼻炎、咽頭炎、副鼻腔炎、中耳炎)の罹患率の減少

こんな条件で調べました

1~6歳の保育園児281人を2つのグループに分け、呼吸器感染症の罹患や症状を3ヵ月間調べました。

LGG®乳酸菌なし:
142人がLGG®乳酸菌を含まない発酵乳を摂取。
LGG®乳酸菌あり:
139人がLGG®乳酸菌を含む100mlの発酵乳を摂取。
こんな結果が出ました

呼吸器感染症(かぜ、鼻炎、咽頭炎、副鼻炎、中耳炎)の罹患

LGG®乳酸菌なし:
呼吸器感染症の罹患者96人(罹患率67.6%)、3日以上続く呼吸器感染症70人(49.3%)、呼吸器症状の持続日数4日
LGG®乳酸菌あり:
呼吸器感染症の罹患者60人(罹患率43.2%)、3日以上続く呼吸器感染症39人(28.1%)、呼吸器症状の持続日数0日
呼吸器感染症(かぜ、鼻炎、咽頭炎、副鼻炎、中耳炎)の罹患率

LGG®乳酸菌を摂取したグループでは、呼吸器感染症にかかりにくくなりました。

【出典】Hojsak et al. Clin Nutr. 29(3):312-316 (2010)

呼吸器感染症の罹患の減少と保育園の欠席日数の減少

こんな条件で調べました

1~6歳の保育園児571人を2つのグループに分け、呼吸器感染症および胃腸症状の有無、病気による保育園の欠席日数、呼吸器感染症および抗生物質治療の有無を7ヵ月間調べました。

LGG®乳酸菌なし:
289名がLGG®乳酸菌を含まない260mlのミルクを摂取。
LGG®乳酸菌あり:
282名がLGG®乳酸菌を含む260mlのミルクを摂取。
こんな結果が出ました

呼吸器感染症の罹患と保育園の欠席日数

LGG®乳酸菌なし:
病気による保育園の欠席日数5.8日、合併症や気管支炎などの罹患123名(47%)、抗生物質による治療140名(54%)
LGG®乳酸菌あり:
病気による保育園の欠席日数4.9日、合併症や気管支炎などの罹患97名(39%)、抗生物質による治療111名(44%)
3日以上続く呼吸器感染症の出現率と病気による保育園の欠席日数

LGG®乳酸菌は、保育園児の呼吸器感染症とその重症度を軽減する可能性があります。

【出典】Hattaka et al. BMJ. 2;322(7298):1327 (2001)
PAGETOPへ戻る