Dataでみる

乳酸菌の中で、世界中で
もっとも研究されているLGG®乳酸菌

臨床試験で人の健康に有益な作用をもたらすことがわかっているプロバイオティクス乳酸菌。世界中でさまざまな研究がされています。

乳酸菌研究報告数
腸に長くとどまるLGG®乳酸菌

腸に長く
とどまる

LGG®乳酸菌は、持続性乳酸菌。

乳酸菌のひとつであるLGG®乳酸菌(Lactobacillus rhamnosus GG:ラクトバチルスGG株*)は、胃酸や胆汁酸に負けずに、生きたまま腸に届きます。その耐性は、ほかの乳酸菌と比較して高いことが、大きな特長です。個人差があるものの、LGG®乳酸菌は腸に長くとどまるという結果が出ています。これが、LGG®乳酸菌「持続性乳酸菌」といわれる理由です。
*新学名:Lacticaseibacillus rhamnosus GG:ラクチカゼイバチルス GG株

持続のヒミツは、
ピリのチカラ!

乳酸菌の中で初めて
線毛(ピリ)の存在を確認

LGG®乳酸菌には、「ピリ」と呼ばれる線毛があります。LGG®乳酸菌からこの「ピリ」を取り除いてしまうと、くっつく力が弱くなってしまうといわれています。持続性と「ピリ」には深い関わりがありそうなのです。
【出典】Kankainen et al. PNAS(2009)

ピリのチカラ!

Represented with the kind permission of Antoni Hendrikxs, Matti Kankainen & Willem M.de Vos-Utrecht, Helsinki and Wageningen University.

「ピリ」と呼ばれる線毛
腸内でのLGG®乳酸菌のイメージ

生きたまま腸に届いたLGG®乳酸菌が、良い菌を増やし、悪い菌を減らすことによって、腸内環境は整えられるのです。

Movie

Topics

トピックス

「おしえて!LGG®乳酸菌」サイトをリニューアルしました。

PAGETOPへ戻る